島内美春さん(大学生)  

2017年9月参加

​ボランティア

写真: ボランティア先の園で。先生・子ども達と

日本の保育園や幼稚園では、決められたことを淡々とこなしていくのに対し、カナダはおもちゃは出しっぱなしで子供達自らおもちゃを使って遊んだり、ランチタイムは家から持ってきたものを小さい子(2歳児以下)が自分でスプーンを持ち、先生方はあまり手伝うことはしませんでした。子供達が小さい頃から思うままに行動するのは大切だと思いました。新たな発見を発見を多くつかむことで、成長の仕方も変わるのかなと感じました。先生は自らの仕事を探して自由にやれるので行動力はすごく身に着くと思いました。ナップタイムの時に、抱っこしながら子供が自分のところでぐっすり寝てくれた時、とてもかわいかったです。最後の日に折り紙で作ったものを渡し、喜んでくれました。

ホストファミリー

​着いた日の夕方にビーチに連れて行ってくれました。風がとても気持ち良かったです。4歳と1歳半の子供がいたのでボランティア先から帰ってきたら一緒にTV見たり、お庭に出てフリスビー投げやチョークで絵を描いたりして遊びました。夜8時くらいには子供達が寝るので、それからマザーとTVを見ながら会話するのが日課になっていました。最後の日に餃子といなり寿司を作りました。食事はいつも家族揃って食べていたので、全員おいしいと言って食べてくれてとてもうれしかったです。毎日充実した日々を過ごせました(^-^)

最も印象に残ったこと

最も印象に残ったことが選べないくらい、毎日の生活がすごく充実していて幸せでした。ボランティア先での毎日すること、ホームステイ先でする毎日の会話や出来事、観光を初めて一人で体験して不安もあったけれど、大勢で行くのと違って見えるものが少し変わったこと。こうした毎日が幸せであり、「経験する」ということであると、改めて感じました。2週間という短い期間ではありましたが、一生思い出に残るだろうと思いました。

写真: 観光地で撮った写真

写真: ホストファミリーご一家と

観光

Stanley Park の Rose Gardenは、バラがとてもきれいに咲いていて、良かったです。Sunset Beachは人が多いですが、夕方行くととてもきれいです。メトロタウンにあるメトロポリスというショッピングモールは買い物にぴったりです。

​2019 Jeno International all rights reserved